融雪─自然エネルギーを利用したシステムをご提供しております。

エコテクノ

 HOME>雪>雪国D少女


  豪雪地の青森市では、毎年雪で苦しんでおります。死者まで出す雪問題を解決すべく、鋭意努力していきたいものです。
     どの時代も、優秀な人材を輩出していながら、どうして抜本的な解決が出来ないのでしょうか?弊社は、その解決策を模索中です。


   ★夏場は休止いたします。

  <2015,1,20)軒下
     

    これは近所に空き屋の雪具合です。家がつぶれかかっています。
    屋根から落ちる雪、軒下の雪対策も必要ですね。

  <2015,1,16)道路にて

    日差しがあったもので、道路幅を拡張したく、脇の雪を道路に捨てていたら、通りすがりの老人(80代とおぼしき)から、
    こう言われました。
    「せっかく路面が乾いてきたのに、雪を捨てるなんて問題あるね〜」
    社会通年上もっともな言い分です。しかし、これを見逃しあっていくことが、雪国の知恵と工夫であることも、
    了解してほしいものです。道路幅を拡張するには致し方ないことでもあります。見逃しあうことが、重要です。

  <2014,12,19)近所の空き屋

    近所に空き屋があり、傾いた物置の屋根雪が、毎年、道路にせり出します。
    いつ落下して、車に被害がでるかもしれません。そこで、弊社では、社員総出でこの空き屋の
    雪を片付けているのですが、誰を責めることでもなく、これが今の日本国の現状と痛感します。
    人口が減少に向かい、放置された空き屋が増え、北国ではその雪対策までが放置されています。
    墓地もそうらしいですが、成長戦略の影に、「成長しない戦略」も、考えていくべきです。
    午後には、この空き屋の玄関窓ガラス部分の雪片付けを行います。(と)

  <2014,12,17)爆弾低気圧

    ニュース等でおなじみの、「爆弾低気圧」が発生しました。
    当地は、盆地でもあり、大パニックをおこしております。地吹雪で視界が数メートルも及ばず、
    事故も多発してみたいです。18日昼あたりから、やや収まってきた感があります。

  <2014,12,15)近年になく・・・

    当地は、大雪です。
    新聞によると、すでに2人の方が亡くなりました。
    雪問題の解決、急がなくてはいけません。

  <2014,11,14)当地も雪です

    ついに、里にも雪が降り始めました。毎年死人まで出る雪問題ですが、今シーズンは、
    何か貢献をしてみたいものです。(と)

  <2014,10,23)ハウス路面融雪

    雪の季節が近づいてきました。北海道では初冠雪の声もきこえます。今シーズンも雪と格闘してみようと思います。(と)
     
    各家庭において、道路に面したところは、写真にようにコンクリート路面にしている場合が多いです。
    この、コンクリート面を加工しないで融雪をしてしまう技は無いものでしょうか?
    せっかく新築したのに、コンクリートを剥がしたりしたくありませんからね。今シーズンはこんなテーマで取り組んでみようと
    思います。(ゆうか)

 <2013,12,24)ホワイトクリスマス!
   
    雪が無い地域では、こんな言葉が素敵なんでしょうけど、当地ではそうとはいきません。
    なににしても、クリスマスです。○○クリスマスと言いたいものです。
    今年も、雪問題、その解決策に奔走してみます。

 <2013,12,12)チカラ不足痛感!
 
    当地はまた、積雪の時期を迎えました。今年こそは、雪問題を解決してやるー!と思いながら
    何年、過ぎたことでしょうか?
    また、多くの雪による犠牲者がでなければいいのにーと、願うだけです。毎年、毎日、独居老人宅の
    雪かきに出かけているのですが、都度、居酒屋ママの言葉が脳裏を過ぎります。
    「まだ、雪問題、まだ解決できないのかよ!いつまでかかるのよ!」・・チカラ不足を感じながら、ひたすら、シャベルを煽って
    いるのが、情けなくなってきます。(と)

<2013、3,29>雪解け
   そろそろ、当地でも雪が解けてきました。
    若いお譲さんたちは、春らしいいでたちで、町に繰り出しております。アベノミクスが成功して
   経済活動も活発になればいいのですが。
1
<2013、3,11>震災から2年です。
   震災からちょうど2年たちました。まだまだ、いろんな苦しみが継続しているみたいです。一刻も早くの復興を
   願いたいものです。
   
   当地は、また冬に逆戻りの様相となってきました。

<2013、3/3 北海道猛吹雪
   ご存知のとおり、北海道では、猛吹雪のため9人の死者がでました。いたましい事故です。
   1メートル先が見えない恐怖とはどんなものだったのでしょうか?
   備えにとして、車に防寒具や毛布など車に用意しておく必要がありますね。
   

<2013、2/19>空き家世帯
   高齢世帯も増えて、空き家状態の家も目立ち初めております。
   
    せっぴが、道路にせり出して、いまにも落ちてきそうです。また、屋根雪の重さで、倒壊の心配も
    あります。(近所のこの家は大丈夫でしょうけど)
    空き家の雪問題も、今後増えるものと予想されますね。これらについても、効果的な対策が必要
    です。
    ★本県では、今冬、すでに11人に及ぶ雪による死者がでました。

<2013、2/8>寒波襲来
   このところ、雪も収まっていたのですが、また、寒波が襲ってきました。
   
   雪国では、ワイパーを写真のようにあげて、翌朝の凍結にそなえます。家周りの除雪もそうですが
   屋外駐車の場合は、車周りの除雪も必要となります。なにか良い工夫は無いものでしょうか?

<2013、2/7>雪による死者
   本年は、雪による死者が、本県だけで、すでに10人に達しております。
   屋根からおちてくる雪に埋もれたり・・・・。友人である高校教諭から、早く雪問題を解決できるモノを開発してくれー!
   と、催促されました。みんな、従来の雪対策(融雪)には、満足していないみたいですね。一長一短あるようです。(と)

<2013、2/1>太陽の恵み
   
   天気が良い日は、玄関前の雪を、道路に出して、天日干しします。雪国では、どこの地域でもやっているのでしょうけど。
   みんなで、見逃しあっていきたいものですね。

<2013、1/23>港湾への雪捨て!
    
   青森市では、雪を海に捨てる方が多いです。
   雪の中に、さほど海の栄養分があるとは思えませんが、致し方ないことでしょうか?
   

<2013、1/13>夕方、雪風景
  
  日本国の半分で、夕方には、こんな光景が展開されているはずです。一刻も早く、雪問題も解決したいものです。
   「雪による経済格差」も、長年に渡る日本国のテーマですね。なんとかしなくては・・・・。(と)


<2013、1/10>雪、人馬優先、車後回し!
  
  こんな光景を見かけました。
  くるまが来ない一瞬を見計らい、歩道の雪を車道に飛ばしておりました。
  道は、本来、人と馬が歩くために発明されたもので、老人や子供が歩く歩道を優先して、車道に雪を飛ばして片付けるのは
  王道ではないか?と一瞬思いました。(と)

<2012.12/26>大寒波
   大寒波、襲来中です!
  ここ2,3日、 吹雪で先も見えない状態で、運転しております。27日までとの予想です。
  


<2012.12/19>雪日誌、復活
  当地はまた、雪です。そこで、雪日誌を半年ぶりに復活します。また、今期の雪具合をレポートしてまいります。(と)

<2012.4/5>昨日の天気とは一転♪
  昨日は強風でバス停が倒れているのを目にしました。運転していても車が横転しそうで怖かったです。
   今日は朝から晴れています★まだまだ週間予報では雪マークがついてる日があります。
   いつになったらタイヤ交換が出来るのでしょう(笑)(らん)


<2012.4/3>強風(‘‘)‘‘‘
  今日は風がとても強いです。。。なんと台風並みとか…。
   青森はさらに午後から強風&雨がすごく降るみたいなので歩行や運転には気をつけなきゃ
   いけません。(らん)

<2012.3/30>今日はポカポカ♪
  今日の予想最高気温が13℃↑午後は雨の予想ですが、暖かいだけでありがたいです(笑)
   あっという間に雪解けが進んで道路は乾いてる所が多くなってきました。
   ようやくもうすぐ春がくるかな〜?(らん)

 
<2012.3/27>道路凍結(;;)
   
   今日の朝、道路がツルッツルで運転が怖かったです(泣)
   こういう時はスピードを出したり、急ブレーキは絶対にダメです×
   朝晩はまだまだ冷え込みが厳しく、道路が凍結するので運転も、歩行も気をつけましょう。(らん)

<2012.3/21>風が冷たい。。。
   
   今日も少し積もりました。車にも、道路にもまた雪が…。。。
   3月も終わりに近いのに積雪とはビックリです(笑)
   午後から天気は回復予報です♪日差しが出ればこのぐらいの雪なら溶けるでしょう!(らん)
   

<2012.3/19>冬に逆戻り…。。。
   今日の青森は寒い寒い…。。。最高気温が1℃の予報↓風が冷たいのでもっと寒く感じます。
   朝・晩は道路が凍結するので運転にはかなり神経使います(汗)
   体調管理をしっかりして今日も1日頑張りましょう♪(らん)


<2012.3/16>冬の必需品…★
    
    
雪国の冬に欠かせないのはスコップ!今ではいろいろな形や色や大きさがあります。
    これらのスコップを使って雪かきをします。今日は快晴♪スコップの出番はなさそうです。(らん)

<2012.3/15>濡れ雪…(**)
   
   今日は朝から濡れ雪DAY…。。。こういう雪はとても重く、雪かきは大変です。
   見渡す限り足跡が残っていて何かおもしろい光景です(笑)午後から若干天気が
   回復するみたいで今からテンション上がってます♪(笑)
(らん)
   
<2012.3/14>雪だるま&かまくら★
   
   青森は冬になると必ずと言って目にするものがあります。雪だるま&かまくら★
   私が住んでるとこの近くでは、おじいちゃんがお孫さんの為にかまくらをつくりお孫さんがとても
   嬉しそうにしてる光景を見ます。「寒そう」と思われる方もいますが、中は意外に暖かいんですよ〜!(らん)


<2012.3/13>アスパム♪
   
   青森に観光で来たら、アスパムに足を運ぶ人は多いと思います。
   青森限定のお菓子や、お土産を買えるからです★
   いろいろなイベントも開催するアスパムなので機会がある方は是非アスパムへGO〜!(らん)


<2012.3/12>川には…(^^)
   
   今日はまた雪が降っています(泣)ゴミ出しに行って近くの川を見たら白鳥が…♪
   何か餌をもらえると思ったのか、私の方を見て鳴いていました(笑)
   朝から癒される光景でした★☆★(らん)


<2012.3/11>震災から1年
   東日本大震災から、ちょうど1年たちました。慎んで、ご冥福をお祈りいたします。昨年9月に、岩手県宮古市に、災害支援でお邪魔させていただきました。
    弊社の支援は微々たるチカラでしかありません。なるべく早めの復興、再生を応援していきたいです。(と)


<2012.3/8>朝日…★
   
   今日は天気が晴れの予報です♪とても綺麗な景色が撮れました!
   見てるだけで癒されます…(’’)♪今日も皆さん1日頑張りましょう★(らん)


<2012.3/7>車内から…♪
   
   道路の雪はコンクリートが見えるくらい溶け始めています。
   気温が上がり、道路脇の雪が崩れてきたりするので気をつけましょう!
   青森市内全部の雪が溶けるのは何月になるのでしょう…(笑)(らん)

<2012.3/6>道路が大変…(**)
   
   雪が降らなくなると今度は一気に雪解けが始まります。
   そうなると道路の雪が凸凹になり、歩くのも車で走行するのも一苦労です。。。
   みなさん、事故やけがなどには十分気をつけましょう!(らん


<2012.3/5>山景色♪
   
   部屋の中から見える景色です。最近の青森は天気がよく気持ちいいです★
   山は雪化粧をしていて、その上には暗い雲が…。。。山も今年の雪にはうんざり
   のことでしょう。(笑)(らん)

   
<2012.3/4>雪による死者
    

    屋根雪は突然落下してきます。今年は、雪による死者が15人を超えました。毎年死者まで出す「雪」です。
    一刻も早く、雪の問題を解決しなくてはいけません。(と)


<2012.3/3>雪よせ場♪
    

   こんな看板をみつけました。「市民雪寄せ場」です。高さ推定2.5mほど雪が山積みしています。
    現在は、雪を寄せて生活場所を確保するのみです。もっと積極的に、雪と向き合う精神が必要ではないでしょうか?(と)


<2012.3/2>ある思い?
   2,3年前に、G市役所の職員から、こんなメールを頂戴しました。
   雪(自然から来るもの)は、自然のチカラで融かしたい・・・光、風、水、地熱。家を新築する折に、それが可能となる設備を施したい。・・とのお話しでした。
   面白いテーマだと思いました。雪から、逃れようとするのではなく、むしろ、雪を迎え打つ態度が必要かもしれないですね。(と)


<2012.3/1>雪を海へ投入…♪
   
   雪がたくさん積もると道路など狭くなって大変です。そのため、業者の人たちが雪を片付け、
   ダンプなどに積んで海や、雪捨て場に捨てに行ってくれます。夜中などに作業を行うのでとても
   寒くて大変な作業だと思います。ご苦労様です(*_*)(らん)
   

<2012.2/29>本日は晴天なり…♪
   
   ようやく天気が春らしくなり、今日は久しぶりに快晴↑
   まだまだ気温は低いので皆さん風邪には気をつけましょう。(らん)

  
<2012,2/21>小学校正門★
   
    近所の小学校正門です。先生方も子供たちに安全な通学をさせるために、除雪奮闘しています。
    どうにかして、この毎年の苦しみから解放される方法はないものでしょうか?どうも、雪の暗い側面ばかり
    書いてきましたが、校庭の脇でスキー教室を開いたり、明るい楽しい側面も多数あります。(と)  
    

<2012,2/21>毎日積雪★
   
   毎日雪が積もるので、近くの雪捨て場もこんなことに…。
    長い時間日差しが続きます様に…★
(らん)

<2012,2/19>★例えば車なんかは
    

   また、一晩で、20センチ雪が積もりました。屋外駐車の車はこんな感じになります。海外旅行に行くにも
   雪で車がつぶれてないか?そんな不安も付きまといます。
(と)

<2012,2/18>除雪機★
   
   除雪機をもっている人は、雪を飛ばす作業を行います。しかし、雪を別な箇所に飛ばしているだけで、その飛ばした先の
    スペースも必要なわけです。機械は高額であり、やはり、抜本的な解決ではありませんね。(と)

<2012,2/17>実家前の雪山★
     
   実家前の雪山。除雪車は雪を押し上げて行くだけなのでこんな高さに…。
    雪かきした雪をスコップで山の上まで投げてます。天気が良く、気温が上がると
    雪が崩れる場合があるので、歩いてる時はこういう山に近づかない様に気をつけましょう。(らん)

<2012,2/16>窓からの景色★
   
   この季節の貴重な青空!
    しかし、すぐに曇り空から再び雪へ…(泣)早く春よ来い(^-^)(らん)


<2012,2/10>玄関先
    

   すべての御家庭で、廉価に、玄関先を融雪していきたいものです。(と)



                                                            メール
                                                            ホームに戻る

© Copyright 2003 ECOTECHNO, All rights reserved.